春3月、ひな祭りですね

こんにちわ、ききむです。

あっという間に今日から3月と、暦が進んでしまいました。

朝からとてもいいお天気で暖かい大阪です。3月は卒業や年度替わりということで新しい力に満ちた一ヶ月だと思います。

さて、明後日に迫った「ひな祭り」。先日、「おひな様のお下がりはダメ」という記事を読みました。「へーそーなんだ、本当に?」とちょっと疑問だったので検索してみました。

一般社団法人日本人形協会さんによると、ひな人形には女の子のお守り、身代わりになって厄を受けるという意味があるので、親から譲られたものでは親の厄を引き継がせることになる、とありました。

知らなかったというものの、なんだか怖いですね。

じゃあ、私が後生大事にタンスにしまっているおひな様はどうすれば。。人形供養に持って行くのがベストだそうです。

本来おひな様は大事に飾るだけでなく、触って直接触れるべきものだそうです。その方が厄を持って行ってくれるようです。でもなかなか子供に触らせませんよね@@

ただし、代々厄を持って行ってくれているものなので引き継いで飾ることもOK、とか

ひな人形がいらなくなった=結婚したということなので、幸せを引き継げるからお下がりでもいい、とか

どんなことでもそうですが、おひな様についても諸説あるようです。さて、どの説を信じますか?

私は、取りあえず飾るだけでなく触ってOKに共感しました。高価なひな人形を大事に扱う、綺麗な着物や飾り物を大切に扱う、こんなことが自然とできるようになるいい教材だと思います。毎年飾ってみんなでひな人形を囲んでホームパーティ、そんなことができたらお下がりでも新品でも十分厄をはらってくれると思いますが、どうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください