マイナンバーカード

こんにちは、ききむです。本日7日から本格始動という方もいらっしゃるのではないでしょうか?お正月休みいかがでしたか?

私の事務所は4日から開けていました。4日住民票を代理取得するため某市役所に昼過ぎに出向きました。

連休明け、混雑をある程度予想はしていたのですが、はるかに越える状況に思わず頭をかかえました。私のもらった番号札は、呼び出し中の番号から見て50番も後。うわー何時間待つ?その後の立ち寄り先に取りあえず遅れるかもの連絡を入れ待ちました。

住民票というのは、政府が推し進めたマイナンバー制度によりマイナンバーカードがあれば、コンビニで取得できます。何時でも、何曜日でも、かつ窓口交付が300円なのに対し、200円と割引もあります。この制度が始まったのは2016年1月1日、3年前です。にもかかわらず、休み明けのこの混雑状況。

思わず待ち時間に普及率をチェック^^

2018年12月1日現在の交付状況は、人口に対する交付枚数率12.2%(総務省HPより)となっています。因みに1年前の2017年12月1日は10.2%でした。

これさえあればこんなに待たなくていいのに。。何故普及しないんだろう。。と思いながら受付カウンターを見ていると、ほとんどの方が特に高齢の方は、申請用紙を出すだけでなく書き方や、何を取得していいのかわからず、相談しながら記入用紙を埋めているという感じでした。(当然1人の時間が長くかかりますよね)

普及状況の一覧では、60代以上の方の交付枚数率は意外と高く、持ってはいるけれど自分が欲しいものがこのカードで取れるものなのか、どう使っていいのかなど不安なことが多く、結局対面に頼っているのではないか、と思いました。

IT化はどんどん進んでいます。個人個人それについていく努力は必要かと思いますが、この便利なそして安価なサービスを使ってもらうにはもう少し細かいフォローがいるのではないかと思いました。

私も1時間半ほど待ち、かつ支払いの段階でレジが動かず役所の人3人がかりで動作確認に右往左往され待ち時間がまた増え、なかなかハードな仕事始めではありましたが、この微妙な隙間を埋めるお手伝いをどこかでできないものかとぼんやり考えながら後にしました。

今年の目標は、このITと人をつなぐ行政書士かなー

今年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください