温暖化

こんにちわ。ききむです。

夕暮れ時、最寄り駅についたらあまりにも綺麗な夕焼けが見えたので1枚。

何で夕焼けは赤いんだ?と小学生のような疑問が出て、ちょっと調べてみました。

朝や夕方は空気中にチリや水蒸気が多く光が散乱しやすい状態になっているようです。

青い光は波長が短く地上高くで散乱しきってしまい見えなくなる。波長の長い赤い光だけが届く。雨が降って空気が綺麗だと赤い色はやや薄く、逆に長く雨が降らない状態は空気が汚れているのでより赤く見えるようです。

綺麗な赤い夕焼けを喜んでいる場合ではないということですね、確かに長く雨は降っておらず、カンカン照りの関西地方です。明日来そうな台風、恵みの雨程度になればいいですね。

こんな進路予報見たこともないというような天気予報ですが、また大きな災害が起きませんように。

今年の夏は異例づくしです。大きな地震、災害レベルの高温、広範囲に被害が出た大雨。。。不穏な気配がしてしかたがありません。

そんなとき「little forest」という映画を見ました。

東北のとある村で生活する若い女の子の様子を淡々と綴ったものです。派手さは全くないんですが、自分で工夫をして暮らすことを教えてくれています。湿度が高くジメジメしている時は薪ストーブで乾燥させる、暑くなるからついでにパンを焼く、米麹で甘酒を作る。。。便利に何でも自動化され、快適な温度の中で暮らしたりしている者としては、この反動がどこかで大きなひずみになってきているのでは?と心配になりました。エアコンは快適だけど室外機の周りは非常に高温です。PCやプリンター周りも熱がこもってます。このまま地球温暖化が進むとどうなるんだろう、と思いながらエアコンが切れない生活。

この夏はちょっと考えさせられることが多い気がします。

皆様、無理のないようにこの夏お過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください