成年後見制度という言葉を聞かれたことはありますか。

判断能力の不十分な方々を保護し,支援するのが成年後見制度せいねんこうけんせいどです。

自分がもし認知症になったら誰が銀行とかに行ってくれるんだろう、家賃の支払いはどうなるんだろう。離れて暮らす親が詐欺に遭わないだろうか、難しい契約内容をよく理解できない。。このように

認知症などによって判断能力が低下してしまった人がいる場合に、その人をサポートする人を家庭裁判所から選任してもらう制度のことです。

この制度には下の2種類があります。

①法定後見制度

②任意後見制度

おおざっぱに言うと、①の法定後見制度は、法律のルールによって後見人を指定する制度で、後見人がどのような権限を持つかは家庭裁判所が指定します。

後見人になる方も、親族の方だけでなく弁護士や司法書士、行政書士など専門職が指定される場合もあります。

②の任意後見制度は、まだ元気なうちに「自分がこんな風になったら、この人にお願いしたい」という契約を結んでおくことです。この場合のは任意後見人になってほしい人(法人でも可)を自分で指定しておくことができます。(但し、100%希望通りになるとは限りません)

 

非常にザックリした説明で申し訳ありません。

詳しくは下記ボタンからどうぞ。